Father's Way
叩き上げで、40年船に乗った父の写真

われら海族 HOME


   
第一星宝丸(内航・タンカー)

父は中学を卒業し、小さな船の炊夫(か

しき・メシ炊き)から船乗り生活を始めま

しました。

昭和33年のことでした。

   
船室

船が小さいから部員は複数人部屋です。

右側がボンク(ベッド)ですが、上下共乗

組員の服でいっぱいです。

   
第12星宝丸

セーラー仲間達とブリッジ前にて撮影。昔

は船にたくさんの人が乗っていました。

   
第16星宝丸

船もだいぶ大きくなりましたし、本人も船

乗りらしくなってきました・・・?

この後、

乙種二等航海士

乙種一等航海士

乙種船長

を取得していきます。

   
三泰丸(東南アジア・タンカー)

昭和43年頃

インドネシアを拠点にシンガポール、

フィリピン、香港などを航海しました。

当時は免状を取得すると、どこで調べて
くるのか、船会社からの誘いが引く手数
多(あまた)だったそうです。それで、父
も免状のクラスが上がるたびに、給料の
少しでもいいとこ、またいいとこへと会社
を代え、転船していきました。

   
三泰丸

一等航海士をしています。が、ポーズは

昔から変っていません。なぜでしょ?

後ろに映る船体が汚いですね。乗組員

はたくさんいたのですが、オーナーがペ

ンキを補給してくれなかったそうです。

   
セントラルフェリー(神戸〜東京)

第六セントラル(G/W 6,153t)

昭和46年頃、神戸〜川崎航路のフェ

リーがありました。

わずか1年半で潰れました。

潰れるはずです。東名・名神高速が完成

していたのですから・・・。

   
第三セントラル

航海士時代

隣にいらっしゃるのは、歌手の松山けい

こさん。

就航記念パーティーに出席されていたそ

うです。

ちなみに、父は松山けいこさんの大ファン

で、大喜です。

船長になりました。

甲子園フェリー(西宮〜津名)のブリッジで操船をしています。

 

万田久子さん(甲子園フェリー、オーナーズルームにて)

乗船中にロケがあったそうです。

左が万田久子さん、右は三浦友和さんです。

万田久子さんは、ほんまに綺麗な人だと言って、かなり喜んでいました。万田久子様ありがとうございました。

長く船に乗っていると色々なことがあるもんですね。

 

引退

1998年8月31日甲子園フェリーの

航路廃止に伴い、父は40年に及ぶ

長い船乗り生活にピリオドを打ちま

した。

ご苦労様でした。